開発支援情報

EPSON TD Bridge Ver.3.50 ダウンロード

EPSON TD Bridge Ver.3.50 概要

動作環境

OS(オペレーティングシステム)

  • Windows 2000 Professional SP4以降
  • Windows XP Home, Professional SP2以降 32bit版
  • Windows Vista Home Basic, Home Premium, Business, Enterprise, Ultimate SP1以降 32bit版, 64bit版
  • Windows 7 Home Premium, Professional, Enterprise, Ultimate 32bit版, 64bit版
  • Windows Server 2003 Standard, Enterprise SP2以降 32bit版
  • Windows Server 2003 R2 Standard, Enterprise SP2以降 32bit版
  • Windows Server 2008 Standard, Enterprise SP2以降 32bit版, 64bit版
  • Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise 64bit版

ハードウェアモデル・CPU

  • Pentium 4 1.4GHz 以上、または その互換プロセッサ
  • Windows 2000, Windows XP, Windows Vista, Windows 7, Windows Server 2003, Windows Server 2003 R2
  • Pentium 4 2.0GHz 以上、または その互換プロセッサ
  • Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2
  • Windows Vista Home Basic, Home Premium, Business, Enterprise, Ultimate SP1以降 32bit版, 64bit版

メモリー

  • 512MB以上:Windows 2000, Windows XP, Windows Server 2003, Windows Server 2003 R2
  • 1GB以上:Windows Vista, Windows 7 (32bit)
  • 2GB以上:Windows 7 (64bit), Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2

解像度

  • 1024×768 以上 色数
  • 65536 色以上

ハードディスク

  • 書込みデータサイズ x1.5倍の空き容量が必要となります。
    ただし、最低1GBの空き容量が必要です。(回転数 7200rpm 以上のHDDを推奨します)

通信ポート

  • USB 2.0(High Speed)必須(PP-100) 100BASE-TX/1000BASE-T Ethernet(PP-100N)

動作対象外のチップセット

  • ATI製チップセット(PP-100のみ)

サポート機種

  • EPSON PP-100
  • EPSON PP-100N
  • EPSON PP-100AP

インストール/アンインストール方法、使用方法

ダウンロードファイルに含まれるテクニカルリファレンスガイドをご参照ください。

制限事項

  • 下記の手順で、同じJOB_IDを持つJDFファイルを監視フォルダーにコピーした場合、JDFファイル1つに対し、拡張子がDONとERRのファイルの2つが作成されることがあります。同じJOB_IDを持つJDFファイルを監視フォルダーにコピーしないでください。
    • 1)EPSON TD Bridgeによるディスク作成を行う。
    • 2)PCを再起動することなく、2時間以内にEPSON TD Bridgeを再起動する。
    • 3)1)と同じJOB_IDのJDFファイルを監視フォルダーに作成する。
  • 旧バージョンがCDからインストールされており、かつ、本バージョンをCDからアップグレードする場合、CDのフォルダ構成が旧バージョンと異なっていると、以下のメッセージが表示されてアップグレード出来ません。
    「ディスク1を挿入してください。」
    この場合、インストールを一旦キャンセルして、以下のいずれかの方法でアップグレードしてください。
    1)CDのフォルダ構成を旧バージョンのCDと同じにして実行する。
    2)インストーラをインストール先のPCにコピーして実行する。
    ※本バージョン固有の制限事項ではありません。(旧バージョンでも同様です)
  • PP-100N本体がバックアップやリストアなどにより通信不可能な場合、TDBStatus.txtのINFORMATIONコードにはHNW000が出力されますが、原因別のINFORMATIONコードは出力されません。
    より詳しい原因を確認する場合はEPSON Total Disc Monitorにてご確認ください。
  • ジョブ発行時に表示されるEPSON Total Disc Makerのポップアップメッセージでキャンセルボタンを押下すると ジョブ発行はキャンセルされますが、JDFの拡張子がDONにならずにINPになります。
    この場合は拡張子がINPになったJDFを削除してください。
  • 監視フォルダーに移動するJDFの拡張子は必ず「.JDF」にしてください。
    拡張子が「.JDF」以外の場合、JDFの拡張子、および、TDBStatus.txtが適切に更新されない場合があります。
  • 監視フォルダーに移動したJDFの拡張子を変更しないでください。拡張子を変更した場合、JDFの拡張子が適切に更新されない場合があります。
  • コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」から「EPSON TD Bridge」を削除または変更できない場合、インストール CD をセットして、CD上のsetup.exe を実行して削除してください。
  • PP-100、PP-100AP が作成したディスクをスタッカー4へ排出中はスタッカー4を引き出さないでください。この操作を行った場合、STF ファイルの STATUS キーにはエラーで完了を表す "5" が出力されますが、ERROR キーにはエラー要因を表すエラーコードが何も出力されない場合があります。
    連携アプリケーションでは、STATUS キーには "5" が出力され、ERROR キーには何も出力されていない場合には、ジョブが正常に完了しているものとして取り扱ってください。
  • レーベルファイルのバーコードアイテムに不正な値を指定したジョブを発行すると受付拒否されエラーコードに"SYS001"が出力されることがあります。
    この場合はレーベルファイルをEPSON Total Disc Maker で開き、 指定した値が印刷できる正しい値かをご確認ください。
    下記の条件に該当するレーベルファイル(拡張子".TDD")をお使いの場合、レーベルファイル(拡張子".TDD")をEPSON Total Disc Maker Ver.3.51で開き、上書き保存してからお使いください。
    • EPSON Total Disc Maker Ver.2.50で作成した。
    • 画像アイテムを使用している。
    • テキスト、またはバーコードの差込印刷を指定している。
      ※上記を全て満たす場合に限ります。そのままお使いになると、下記のいずれかの現象が発生する場合があります。
    • 画像アイテムが印刷されない。
    • 画像の差込印刷を指定しなくても、エラーコード:JDF1620で受付拒否される。
  • EPSON TD Bridge Ver.3.50を使用する場合、EPSON Total Disc Maker Ver.3.5Xがインストールされている必要があります。
    EPSON Total Disc Maker Ver.3.5Xはこちらよりダウンロードしてください。
    ※その他制限事項は、ダウンロードファイルに含まれるテクニカルリファレンスガイドをご参照ください。

ダウンロード

ダウンロードファイル内容

  • EPSON TD Bridge Ver.3.50
  • EPSON TD Bridge テクニカルリファレンスガイド.pdf
  • Readme.txt
ダウンロード会員限定

関連情報

EPSON Total Disc Maker Ver.3.52 ダウンロード

初めての方

当サイトはエプソン製品を取り扱う開発担当者様への支援サイトです

新規会員登録

会員限定サービス(無料)
  • ・SDK、技術情報のダウンロード/お問い合わせ、機材貸し出し
機材貸出申し込み 会員限定
開発または評価用として、ビジネス製品の機材貸出を行っております。
お問い合わせ 会員限定
導入に関する各種相談を承ります。
お問い合わせには会員登録が必要です。
このページの先頭へ