開発支援情報

プリンタードライバー開発キット ESC/P-R Library

ESC/P-R Library 概要

ESC/P-R Libraryは、ソースコード(C言語)と印刷サンプルアプリケーションを含むESC/P-Rプリンタードライバー開発キットです。
さまざまなOS(Linux、Windows Mobile、ITRONなど)に移植実績があり、基本印刷機能・プリンター探索機能・プリンターステータス取得機能を短期間で開発可能。
組み込み機器での印刷ソリューションに最適な開発キットです。

ESC/P-R Library に必要な環境

出力インターフェイスとしてUSBまたはEthernet
USB:USBポートへのRead/Write機能が必要
Ethernet:Berkeleyソケット相当のソケットライブラリーが必要

ドライバーサイズ(使用メモリーエリア)(注)

コードサイズ:約100KB (USB I/Fのみ利用時)
メモリー使用量:約30KB (A4サイズ用紙への印刷時)

(注)全イメージを展開せず、ラスター単位で処理した場合

ESC/P-R とは?

ESC/P-R は、エプソンのインクジェットプリンター共通の新しいプリンター言語です。
近年ではプリンター自身にイメージ処理機能を搭載した製品(デジタルカメラダイレクト印刷対応機種など)が多く存在しています。
ESC/P-Rはプリンター側が搭載しているイメージ処理機能を利用した制御コマンドです。

インクジェットプリンター言語

ESC/Pラスター

インクジェットプリンター機種ごとに仕様の異なるコントロールコードで、他機種との互換性は保証していません。一般にはコマンド非公開です。

ESC/P-R

インクジェットプリンター機種共通のコントロールコードです。
プリンター本体に搭載されたイメージ処理を用いるため、基本的な印刷モードのみサポートしていますが、1つのドライバーで多くの機種に対応可能です。

ESC/P-R対応機種

エプソン製インクジェットプリンター
「コントロールコード体系/プリンティングシステム」や「コントロールコード体系」に[ESC/P-R]を含む機種

申し込み

注意点
ESC/P-R Libraryのご提供は、商品化を前提とした法人格を有する組込機器メーカー様やシステム・インテグレーター様などのソフトウェア開発者様向けに限定させていただいております。
ESC/P-R Libraryのご利用については、弊社とのソフトウェア使用許諾契約(ライセンス契約)を締結いただき、対応製品や保証条件等を定めさせていただきます。その後にESC/P-R Libraryを無償で提供させていただきます。
以上について同意される場合のみ、下記申し込みボタンよりお申し込みください。

申し込み

初めての方

当サイトはエプソン製品を取り扱う営業/開発担当者様へのビジネス支援サイトです

新規会員登録

会員限定サービス(無料)
  • ・提案資料ダウンロード
  • ・SDK、技術情報のダウンロード/お問い合わせ、機材貸し出し
  • ・メールマガジン他
機材貸出申し込み 会員限定
開発または評価用として、ビジネス製品の機材貸出を行っております。
お問い合わせ 会員限定
提案、導入に関する各種相談を承ります。
お問い合わせには会員登録が必要です。
このページの先頭へ