開発支援情報

Epson Scan 2 SF2ファイル機能仕様書

概要

SF2ファイルはEpson Scan 2の各機能の設定を一覧として保存したファイルです。
お気に入り設定を保存すると設定一覧がSF2ファイル(拡張子sf2)として保存されます。
作成したSF2ファイルは、以下のように活用することが可能です。

  1. 1.ユーザーアプリケーションからEpson Scan 2に対してコマンドラインを指定することで、SF2ファイルの設定値に従って、TWAIN UIを表示させずにスキャンすることも可能です。
  2. 2.全ログインユーザーで共有する設定を作成することができます。

インストールフォルダーの解説

インストールするとWindows®のメニューに[Epson Scan 2ner Development Tools] [Epson Scan 2]フォルダーを作成します。フォルダー内のEpson Scan2 SF2 Functinal Specification.pdfを参照ください。

実際にインストールするフォルダーは以下です。
%Program Files%¥epson¥Scanner Development Tools\Epson Scan 2 Programming Guide\Epson Scan 2

コマンドラインオプションの実行ファイルについて

コマンドラインオプションの実行ファイルは32ビットのes2launcher.exeです。以下のフォルダーに保存されているファイルを実行してください。

  • 32ビットOSの場合
    %Program Files\epson\Epson Scan 2\Core\es2launcher.exe
  • 64ビットOSの場合
    %Program Files (x86)\epson\Epson Scan 2\Core\es2launcher.exe
  • 終了コードは以下の表を参照してください。
0 成功
1 一般的な失敗
10 対応するスキャナードライバーがインストールされていない
20 スキャン設定ファイルの内容に問題がある
21 スキャン設定ファイルの保存に失敗した
30 指定したスキャナーの機種が接続されていない
40 スキャン中にエラーが発生した


対象機種

スキャナー開発支援ツール 対象機種一覧表をご確認ください。

ダウンロード

ダウンロード会員限定

初めての方

当サイトはエプソン製品を取り扱う営業/開発担当者様へのビジネス支援サイトです

新規会員登録

会員限定サービス(無料)
  • ・提案資料ダウンロード
  • ・SDK、技術情報のダウンロード/お問い合わせ、機材貸し出し
  • ・メールマガジン他
機材貸出申し込み 会員限定
開発または評価用として、ビジネス製品の機材貸出を行っております。
お問い合わせ 会員限定
提案、導入に関する各種相談を承ります。
お問い合わせには会員登録が必要です。
このページの先頭へ