事例紹介

株式会社フレスカ(焼肉 ぐりぐり家)様 オーダリングPOSシステム「ハヤワザ」導入事例

導入事例

誰でも簡単に操作できる市販のスマートデバイスと、PCベースのパソコンPOSを組み合わせた低価格なオーダリングPOSシステム。
さまざまなデータをタイムリーに出力でき、適切な販売管理と分析を実現。

クライアント:
株式会社フレスカ(焼肉 ぐりぐり家)様

導入事例イメージ1
このページに関するお問合せは下記フォームからお申し込みください。

パートナーズネットIDを
お持ちの方はこちら

お問い合わせ 会員限定

パートナーズネットIDを
お持ちでない方はこちら

お問い合わせ

※会員登録(無料)をご希望の方はこちら

「EpsonPartner'sNet」登録情報に関するお問い合わせはこちら

クライアントご紹介

株式会社フレスカ(焼肉 ぐりぐり家)様

焼肉 ぐりぐり家

焼肉 ぐりぐり家 外観

焼肉 ぐりぐり家 内観

広島、岡山、兵庫に17店舗の直営店を展開する焼肉店

3つのコースから選べる食べ放題メニューの「テーブルバイキング」が特長の焼肉店。リーズナブルな価格ながら、十分な満足感を味わえる食べ放題メニューに定評あり。
「うまさの極意は、素材半分、焼き方半分」というお店のモットーのとおり、店員自ら焼き肉奉行としてお客様のテーブルで美味しい焼き方をレクチャーしたり、店員が実際にお肉を焼くサービスもおこなっています。

導入前の問題点

「食べ放題」への業態転換に伴うオーダリングと販売管理

単品での提供から食べ放題へ業態を転換したことにより、従来使用していたメーカー製のPOSシステムでは、オーダーがとりにくく、オーダーミスによる原価ロスやレジでの訂正作業による時間的なロスが生じていました。
また、食べ放題に転換したことにより、コース別の原価などがすぐに抽出できず、営業終了後に店舗ごとでいろいろな数値を拾い出して、手入力でExcelに打ち込んで販売管理をおこなっていたため、営業終了後の業務に時間がかかっていました。
その他、日々の仕入れや人件費など、その日の仕事の決算という部分で、リアルタイムに把握できていないという問題もありました。

導入された製品と取り組み

導入製品
オフィスシステムサービス株式会社のオーダリングPOSシステム「ハヤワザ」と、エプソンのレシート&キッチンプリンター
取り組み
販売状況をリアルタイムで把握。対策を考え迅速にアクションを。
オーダリングPOSシステム「ハヤワザ」

「ハヤワザ」の導入により、本部と店舗間でのタイムリーな売上状況の確認が可能に。
販売管理システムとの連携でデータ抽出にかかる時間を短縮し、これまで以上に店舗での対策を考える時間を捻出できるようになったため、迅速に店舗でのアクションを起こせるようになりました。

取り組み
レシートとキッチン、異なるプリンター間で用紙を統一し、消耗品の管理工数を低減。

導入事例イメージ2

導入事例イメージ3

以前使用していたプリンターは故障もそれなりにあり、ひとたび故障してしまうと業務を止めざるを得ないため想定外のロスにつながっていましたが、今回導入したエプソンのTMシリーズは故障がほとんどなく安定稼動しており、ロス時間を大幅に短縮できました。

また、以前のシステムでは、POSレジ用のレシートプリンターと厨房のキッチンプリンターとで用紙の幅などの規格が異なっていたため、それぞれの用紙の在庫を抱えていましたが、今回導入したプリンターはどちらも同じ用紙が使用できるため、用紙在庫の管理にかかる手間やスペースの低減にもつながっています。

さらには、印刷速度が速いため、厨房でのオーダー確認やレジ会計でのレシート発行もスムーズになり、お客様への対応が従来よりスピーディーになりました。

システムイメージ

「ハヤワザ」システムイメージ図

※上記は「ハヤワザ」のシステムイメージ図となります。実際に導入されたシステムおよび機器構成とは若干異なります。

※セルフオーダー端末(iPad)はオプション対応となります。

担当者様のご感想

今回のシステム導入に携わられた株式会社フレスカの熊洞 隆司マネージャー様、実際にシステムをご利用されている「ぐりぐり家 岡山駅前店」の松田 香奈子店長様にお話をお伺いしました。

販売管理に関わる単純な作業時間が大幅に短縮。
次の打つ手を考える時間を創出し、迅速なアクションが可能に。

株式会社フレスカ
マネージャー 熊洞 隆司 様

熊洞 隆司 様

弊社は現在、岡山・広島エリアを中心に17店舗を展開しておりますが、立ち上げ当初から8店舗目ぐらいまではメーカー製のPOSを使用していました。その後の2009年から2010年にかけて、食べ放題の業態に転換しましたが、そのときにそれまで使用していたPOSで弊害になったのが、食べ放題だと「オーダーがとりにくい」こと、そして「販売管理がしにくい」ということがありました。

本部で私が関わる販売管理の話で言うと、これまでは毎日各店舗からメールで添付されてくる販売状況をひとつひとつ開いて数字を把握し、それをさらに自分自身でExcelに貼り付けてひとつの帳票にまとめる作業が必要でしたが、今回の「ハヤワザ」の導入により、そういった作業がまず必要なくなりました。

朝の時間帯に各店舗の状況を確認する際も、これまで1時間程度かかっていたことが10分でできる、もっというと、見るだけであればものの2分でできてしまいます。

店舗ごとに、収益状況が悪化していないか、メニュー変更に伴い原価推移がうまくいっているか、時間帯で売上変動がないか、といった見たい数字を見たいときにすぐに見れる、帳票に出力もできる、その結果、分析に時間を割くことができるようになり店舗に対してタイムリーに適切なアクションを指示できるようになりました。

食べ放題に特化したシステムで、オーダーミスによるロスが大幅に低減。iPod touchの直感的な操作性で、スタッフへの教育時間も短縮。

ぐりぐり家 岡山駅前店
店長 松田 香奈子 様

松田 香奈子 様

店舗の現場としては、これまで使用していたPOSでは、食べ放題メニューのオーダーが取りにくいという大きな課題がありました。当店では食べ放題メニューには3つのコースがあり、それぞれのコースによって含まれる商品が異なるのですが、実際にはコースに含まれていないのに、スタッフが気づかずオーダー端末で入力してしまったり、逆に、コースに含まれているのにオーダーミスで金額が加算されてしまっていて、後でレジで訂正作業が発生するなど余計な時間がかかっていました。

今回導入した「ハヤワザ」は、食べ放題メニューに特化してシステムを開発いただき、オーダー端末のiPod touch上でコースに含まれない商品を選択しようとするとエラー表示されるので、オーダーミスが大幅に減りました。

また、「ハヤワザ」はスマートフォンの世代なら使い慣れているiPod touchをオーダー端末に採用しているので、従来のハンディー端末のようにキーの位置を覚える必要もありません。片手で直感的に操作できるので、基本操作だけなら5分もあれば覚えてしまいます。新しいスタッフへの教育時間も短縮でき、特殊な処理もスタッフ自らがおこなえるので、そういった面でも非常に助かっています。

熊洞 隆司 様/松田 香奈子 様

「ハヤワザ」は店舗側でもリアルタイムにデータを抽出できるので、営業終了後の本部への報告に関わる業務時間も大幅に短縮されました。これまではいろいろなところからデータを引っ張り、手計算、手入力をおこなっていましたが、今はデータの数値はそのまま出てくるので、後はコメントを入力するぐらいです。以前は1時間以上かかっていたのが、今は30分弱で完了するようになりました。

また、他の店舗の情報が見れるのも大きなメリットです。実は、ぐりぐり家の岡山駅前店から徒歩で10分ぐらいのところにジョイポリス店があるのですが、週末になると満席で1時間や2時間お客様を待たせてしまうという状況が発生してしまいます。そこで、他店舗の在籍状況を見れるようにしていただいて、場合によっては、お客様の待ち時間を少しでも減らせるよう、他店舗へお客様を誘導するといった取り組みもおこなっています。

パートナー様の声

今回のシステム導入にあたり、オーダリングPOSシステム「ハヤワザ」の開発から、プリンターを含めた導入機器のコーディネートを担当された、オフィスシステムサービス株式会社の武田様にお話をお伺いしました。

オーダー端末の操作性には特にこだわった「ハヤワザ」
オーダリングPOSシステムを始めて導入されるお客様にもすぐにお使いただけます。

オフィスシステムサービス株式会社
情報システム営業部 POSソリューション課
課長 武田 昌之 様

武田 昌之 様

「ハヤワザ」は、フレスカ様からのご要望により、食べ放題メニューに対応したPOSシステムとして開発を始めました。既存のメーカー製のPOSでは対応できませんでしたので、弊社ではお客様との打ち合わせを重ね、また、様々なPOSシステムを参考にしながら開発しました。
また、開発にあたっては、iPod touchならではの操作性を生かせるよう、極力タッチ操作を減らした画面設計には特にこだわりました。

「ハヤワザ」はPCベースのPOSと、オーダー端末に個人向けに市販されているiPod touchを採用することで、初期費用、メンテナンス費用ともに抑え、誰でも簡単に使えるシステムとなっております。そのため、初期コストを抑えてオーダーエントリーシステムを導入したい、手書きで運用しているオーダーをシステム化したい、複数の店舗の状況を本部で一元管理したい、といったお客様から非常に多くの引合いをいただいております。

「ハヤワザ」の主な機能は、各種POSデータの管理、会計およびオーダーエントリーシステムですが、カスタマイズ(オプション)で勤怠管理システムとの連携や、画面サイズがより大きいiPadによるセルフオーダーシステムなどもご用意しております。
今後は、勤怠管理システムとも連動するシフト管理や、お客様の予約管理システムなどの展開も考えております。

武田 昌之 様

エプソンのTMシリーズで採用されているドロップイン式の用紙交換は、導入いただいた店舗様からも、用紙の交換が楽だと好評です。

用紙を上から入れて蓋を閉めるだけで用紙交換が可能なTMシリーズのドロップイン方式は、「レシートの交換が楽でいいね」というお客様が多いです。

また、開発のためのツールが充実していることもエプソンを選択した大きなポイントです。フレスカ様へのご提案当時は、キッチンプリンターを扱うこと自体弊社でも初めてでしたが、実際に出力のサンプルソースをいただきました。開発の初めにそういったものをいただけると、非常に助かります。

さらに、エプソンのTMシリーズはとにかく"壊れない"ですね。アフターサポートの工数がかからないというのは、われわれベンダーにとっては非常に心強く、安心してお客様におすすめできます。

* iPad、iPod touchは米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標または登録商標です。

関連情報

関連サイト:
エプソン業務用小型プリンター(TMシリーズ)
関連サイト:
オフィスシステムサービス株式会社「ハヤワザ」
このページに関するお問合せは下記フォームからお申し込みください。

パートナーズネットIDを
お持ちの方はこちら

お問い合わせ 会員限定

パートナーズネットIDを
お持ちでない方はこちら

お問い合わせ

※会員登録(無料)をご希望の方はこちら

「EpsonPartner'sNet」登録情報に関するお問い合わせはこちら

初めての方

当サイトはエプソン製品を取り扱う営業/開発担当者様へのビジネス支援サイトです

新規会員登録

会員限定サービス(無料)
  • ・提案資料ダウンロード
  • ・SDK、技術情報のダウンロード/お問い合わせ、機材貸し出し
  • ・メールマガジン他
機材貸出申し込み 会員限定
開発または評価用として、ビジネス製品の機材貸出を行っております。
用紙検証ご相談 会員限定
お客様が業務で使用される用紙の、実機による印刷検証を行います。
お問い合わせ 会員限定
提案、導入に関する各種相談を承ります。
お問い合わせには会員登録が必要です。
このページの先頭へ